閉ざされたその心はそっと開かれ、聖なるものが溢れ出します。弱さを心から認める姿勢には真の豊かさが見えます。依存の泥沼で、もがき苦しむ間に忘れてきた人としての威信を取り戻すかのように、全身を震わせ涙ながらに語ります・・・「助けて」・・と。それが回復の始まりです。そんな姿に同じ人間として敬意を払わずにはいられません。

そんな窮地に立たされている絶望的な女性依存者がいるにも関わらず、女性施設がないことで助けることができません。

このホームページを読んで下さるかたでご支援下さる方を募集しています。


多くの方々の温かな「言葉」や「想い」が、未だ苦しむ依存者の為の今日になっています。

当法人の活動は7年が経過しようとしています。男性治療施設の門戸は今日も広く開かれ、

回復に向かう姿勢が生み出す「共感」でいっぱいです。
そして依存症という進行性で致死の病は休止し多くの人が回復を遂げています。

これは「奇跡」です。

女性にも同じような場所が必要であることはいうまでもありません。

どうか設立基金にご支援頂きますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

東京ファミリーインタベンションセンター内
女性治療共同体設立委員会 委員長 矢澤祐史

〒104-0033東京都中央区新川1-21-1
茅場町タワーレジデンス1909号室
TEL:03-3555-1725 FAX:03-6280-5833
E-mail:recoveryforwomen@garden-ag.org

支援金 振込先

女性治療共同体設立委員会
委員長 矢澤祐史
南都銀行 高田支店 普通 2070638