ダルビッシュが清原を応援したことで回復への流れができてきていますね。

では、セカンドチャンスとはどのようなものでしょうか?アメリカではハリウッド俳優であるとか、ミュージシャンの間では「ドラッグ」ネタも良く見聞きしますよね。

でも、実はアスリート界にもあるんですよ。

例えば・・

ジョッシュ・ハミルトンという選手は過去に依存症のリハビリをしたことがある選手です。彼は、アメリカンリーグのMVPを取っています。現在もダルビッシュと同じテキサス・レンジャーズで活躍中。セカンドチャンスのまさに生き証人ですね。

そして、なんとテニス界にもいます。しかも、世界ランキング1位です。アンドレ・アガシも覚せい剤の問題を持っていました。施設にも入所した経験があるようです。1995年に最初に1位になって、諸問題により1997年には141位まで落ちて、もう終わったと思われていました。その後、回復。1999年に1位にカムバックしてそこから数年間はトッププレーヤーだったようです。セカンドチャンスですね。

それに加えて、、、エルトン・ジョン、ドリュー・バリモア、ロバート・ダウニー・ジュニア、スティーブン・タイラー、エリック・クラプトン、ナタリー・コール、ジョニー・デップ、ダスティン・ホフマン、マット・デーモン、エミネム、ブリトニー・スピアーズ、アンジェリーナ・ジョディ、オジー・オズボーンも

ワンネスグループのような依存症回復施設経験者です。

セカンドチャンス、普通にあげましょうよ。

ワンネスグループには日本で唯一の、プライベートと機密性を重視したリハビリテーション施設もあります。http://place.oneness-g.com/